マガジンのカバー画像

みんなの声

49
職歴、働き方、ライフスタイルなど、様々なバックグラウンドを持つSupershipグループの仲間たちの日々が綴られたストーリーです。みんながどんなことを考えていて、どんな思いで仕事… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Supershipグループ 24新卒紹介!【vol.4 DATUM STUDIO 後編】

お疲れ様です!Supership ピープル&コミュニケーション本部で新卒採用を担当している名久井です。 Supershipグループの24新卒を紹介する連載企画、第四弾の今回はDATUM STUDIOに加わった新卒メンバーのうち9名をご紹介します! (24新卒の皆さんからいただいたコメントは、ほぼ原文で掲載しています。) “積極的にキャッチアップを続けてグループに貢献できるようになる” Naoya.Tさん―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください! 大学で

Supershipグループ 24新卒紹介!【vol.3 DATUM STUDIO 前編】

お疲れ様です!Supership ピープル&コミュニケーション本部で新卒採用を担当している名久井です。 Supershipグループの24新卒を紹介する連載企画、第三弾の今回はDATUM STUDIOに加わった新卒メンバーのうち8名をご紹介します! (24新卒の皆さんからいただいたコメントは、ほぼ原文で掲載しています。) “社会に対しても価値を提供できる人材になりたい” Chiaki.Aさん―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください! 学士課程の頃は所属し

Supershipグループ 24新卒紹介!【vol.2 Supership(技術職)編】

お疲れ様です!Supership ピープル&コミュニケーション本部で新卒採用を担当している名久井です。 Supershipグループの24新卒を紹介する連載企画、第二弾の今回はSupershipに技術職(エンジニア職)としてジョインした5名を紹介します! (24新卒の皆さんからいただいたコメントはほぼ原文で掲載しています。) “取れる仕事を全て取りに行く” 石田尾さん―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください! アメリカと日本、二つの大学に行きました。アメ

Supershipグループ 24新卒紹介!【vol.1 Supership(ビジネス職)編】

お疲れ様です!Supership ピープル&コミュニケーション本部で新卒採用を担当している名久井です。 Super Storiesでは毎年恒例・グループにジョインした新卒の皆さんを紹介する連載企画をスタートします! 今年度は、グループ史上最多の39名の新卒社員がジョインしてくれました。 新卒の皆さんは先日の入社式以降、グループのミライを担う人財として活躍するべく研修に臨んでいて、まもなく各部署へ配属されます。 Super Storiesでは24新卒の皆さんのことを少し

「新卒の、新卒による、新卒のためのイベント」Supership Newgrads' Night をやってみた!

お疲れ様です!Supership ピープル&コミュニケーション本部の白川です。 今回の記事では、Supership 新卒メンバーによる、新卒のための社内イベント「Supership Newgrads’ Night」についてご紹介します。 Supership Newgrads’ NightとはSupershipの新卒メンバーを対象とした社内交流イベントです。ただ飲食するだけでなく、Lightning Talk(通称LT=数分程度で行う短いプレゼン)など「新卒が会社に対して感

新卒社員が「Ruby biz Grand prix 2023」に参加しに、松江まで行ってきた!

お疲れ様です!Supership アドテクノロジーセンターでエンジニアをしている23新卒の上條と宮本です。 2023年11月8日に島根県松江市で開催された「Ruby biz Grand prix」に、アドテクノロジーセンターのエンジニア5名で参加してきました。 どんなイベントだったのかご紹介します! どんなイベントだったかRuby biz Grand prixとは、ビジネスでRubyを使用している企業、団体、個人を表彰するイベントで、Rubyの生みの親であるまつもとゆきひ

広告運用チームが、コミュニケーション促進のために「プレゼン大会」やってみた!

お疲れ様です!Super Stories 編集部の大崎です。 先日、Supershipでデジタル広告の運用業務を中心に手掛ける「メディアプロモーション本部」にて、部を横断したチームによるプレゼン大会が行われました。 これは同本部におけるコミュニケーションの促進を主な目的としたもので、「新規参入した航空会社の航空券のプロモーション」をテーマに、認知~獲得までトータルファネルでのWEB戦略立案を行い、作成した資料をもとにプレゼンを行ってマネージャー陣が評価を行うものです。

「介護×IT」の新規事業開発に挑んだチームが、チャレンジから得た経験や学びとは?【スタートアップスタジオ通信 特別編】

お疲れ様です!Super Stories 編集部の大崎です。 Super Storiesの連載企画「スタートアップスタジオ通信」では、Supershipグループにおける「新規事業の同時多発的な立ち上げ・運営」を行うために設立された組織「Supership Group Startup Studio」(略称:SSGSS)の活動を報告しています。 今回の記事はその特別編として、昨年度の新規事業創出プログラム「ミライリアルCHALLENGE TRYOUT 2022」に挑戦したプロ

「新卒研修、どうだった?」Supership 23新卒座談会

こんにちは!Supership 23新卒エンジニアの宮本です。 入社後すぐに「Super Storiesの記事書いてみたい!」と言ってみたところ、「いいね!」と、今回新卒研修についての記事作成を任せていただけました。 SupershipグループのValueの中に「Super ジブンゴト化」があり、体現しようと考えた次第です。 Supershipでは、新卒で入社した社員を対象に約2ヶ月間の研修があるのですが、そこで取り組んだ内容や感じたこと、会社に対するイメージの変化など

コミュニケーションと論理で事業の基盤を支える【Leader's ミライリアル 本郷さんの場合】

お疲れ様です!Super Stories編集部の大崎です。 Supershipグループでは、Group Purpose「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」の浸透に向けた取り組みを進めています。その一環として、グループの全従業員を対象としたワークショップ "CAMP” を実施しました。 "CAMP” ではメンバー一人ひとりの「ミライリアル」を言語化していますが、この連載「Leader’s ミライリアル ◯◯の場合」では、グループのマネジメント陣が掲げる「私のミライリア

Supershipグループ 23新卒紹介!【vol.4 DATUM STUDIO 後編&ちゅらデータ編】

お疲れ様です!Supershipホールディングス 人財開発本部で新卒採用を担当している白川です。 Supershipグループの23新卒を紹介する連載企画、ラストを飾る今回はDATUM STUDIOに加わった新卒メンバーのうち3名と、ちゅらデータに加わった5名をご紹介します! (23新卒の皆さんからいただいたコメントはほぼ原文で掲載しています。) ▼これまでの「Supershipグループ 23新卒紹介」はこちら “周りの豊富な技術や知識を吸収し、積極的に挑戦し成長してい

Supershipグループ 23新卒紹介!【vol.3 DATUM STUDIO 前編】

お疲れ様です!Supershipホールディングス 人財開発本部で新卒採用を担当している白川です。 Supershipグループの23新卒を紹介する連載企画、第三弾の今回はDATUM STUDIOに加わった新卒メンバーのうち8名をご紹介します! (23新卒の皆さんからいただいたコメントはほぼ原文で掲載しています。) ▼これまでの「Supershipグループ 23新卒紹介」はこちら “グループにふさわしい人間になれるよう、何事にも真摯に挑む” Yuki.Aさん―学生時代から

Supershipグループ 23新卒紹介!【vol.2 Supership(技術職)編】

お疲れ様です!Supershipホールディングス 人財開発本部で新卒採用を担当している白川です。 Supershipグループの23新卒を紹介する連載企画、第二弾の今回はSupershipに技術職(エンジニア職)としてジョインした7名を紹介します! (23新卒の皆さんからいただいたコメントはほぼ原文で掲載しています。) ▼これまでの「Supershipグループ 23新卒紹介」はこちら “環境を活かし、失敗を恐れずガンガン挑戦する” 懸川さん―学生時代からグループジョイン

久しぶりの海外出張でインドに行ったら結構大変だった話

お疲れ様です!Super Stories編集部の大崎です。 さて、新型コロナウイルス感染症が5類に移行し、日本を含む各国の入国時の水際対策が撤廃されるなど、徐々にアフターコロナの世界へと移行しつつあり、久しぶりに海外へ渡航された方もいらっしゃると思います。 このSupershipグループ内でも、業務遂行のために久しぶりの海外出張で、インドに渡った二人がいます。 今回はそんな二人に、普段の業務内容とインドに行くことになった理由、そしてインターネット広告の未来に向け取り組ん