ミライリアル通信

9
ITの力で不満を解決し、ミライをもっとスマートに【ミライリアルCHALLENGERS’ VOICES vol.3】

ITの力で不満を解決し、ミライをもっとスマートに【ミライリアルCHALLENGERS’ VOICES vol.3】

お疲れ様です!Supershipホールディングス コーポレートコミュニケーション部/Super Stories編集部の大崎です。 Supershipグループの新規事業創出プログラム「ミライリアルCHALLENGE 2020」にチャレンジした皆さんの声を伝える「ミライリアルCHALLENGERS' VOICES」。 第3回は、DATUM STUDIO データソリューション本部 本部長の鈴木さんへのインタビューです。 DATUM STUDIOのデータサイエンティストを束ねる立

スキ
7
「Be Super!」なミライを作るために、どう働くか? 〜Supershipグループ、4つのValue〜

「Be Super!」なミライを作るために、どう働くか? 〜Supershipグループ、4つのValue〜

みなさん、お疲れ様です!Supershipホールディングス 代表取締役社長CEOの稲葉です。 ここでは久しぶりの投稿になります。 気づけば3月も終盤に差し掛かり、FY20年度も大詰めですね。みなさん忙しい日々を送っていることとおもいます。大変な時期ですが、あと一踏ん張り、頑張って乗り切っていきましょう! さて、企業にとって新年度は大きな「節目」ですので、気持ちを新たに新年度を迎えるにあたって今一度、Supershipグループが大切にしているGroup PurposeとGr

スキ
7
「クリエイティビティ」を発揮し、価値あるサービスを作り出したい【ミライリアルCHALLENGERS' VOICES vol.2】

「クリエイティビティ」を発揮し、価値あるサービスを作り出したい【ミライリアルCHALLENGERS' VOICES vol.2】

お疲れ様です!Supershipホールディングス コーポレートコミュニケーション部/Super Stories編集部の大崎です。 Supershipグループの新規事業創出プログラム「ミライリアルCHALLENGE 2020」にチャレンジした皆さんの声を伝える「ミライリアルCHALLENGERS' VOICES」。 第2回は、Supership プロダクト開発本部の森本さんのインタビューです。 「新規事業」への想いや、次回への意気込みなど、熱い話を伺うことができました!

スキ
3
まずは喋って、仲間を探して、他より目立つ。 〜「ミライリアルCHALLENGE」中間報告〜

まずは喋って、仲間を探して、他より目立つ。 〜「ミライリアルCHALLENGE」中間報告〜

お疲れ様です!Supershipホールディングス コーポレートコミュニケーション部/Super Stories編集部の大崎です。 今年9月1日に受付を開始した、Supershipグループの新規事業創出プログラム「ミライリアルCHALLENGE」。応募締め切りまで1ヶ月あまりとなり、事務局には徐々に問い合わせなどが届きつつあります。 (※「ミライリアルCHALLENGE」について詳しくは以下の記事をご覧ください!) しかし一方で、まだ応募しようか迷っている・・という声もち

スキ
16
いま改めて考える、「ミライリアル」とは何か?

いま改めて考える、「ミライリアル」とは何か?

みなさん、お疲れ様です!Supershipホールディングス 代表取締役社長CEOの稲葉です。 今回、Supershipグループの“オープン社内報”「Super Stories」が始まるということで、まず僕から、今年6月に制定したGroup Purpose「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る。」についてお話しできれば、と思います。 その前に、(ここは社外の方も見られる「オープン」な場なので・・)Supershipグループ、そして私について軽くご説明したいと思います。

スキ
33
新しいことをやり続ける集団でいるために。Supershipグループの「ミライリアルCHALLENGE」

新しいことをやり続ける集団でいるために。Supershipグループの「ミライリアルCHALLENGE」

お疲れ様です!Supershipホールディングス 経営戦略本部/「ミライリアルCHALLENGE」事務局の古森です。 今回は、Supershipグループで新たに始まった「ミライリアルCHALLENGE」についてみなさんにご紹介するためにnoteを書かせてもらいます。 ミライリアルCHALLENGEとは 「ミライリアルCHALLENGE」とはSupershipグループ初の新規事業創出プログラムの名称で、このプログラムには「この制度を使って、何か面白いことを考えてほしい」と

スキ
36