見出し画像

チームとして価値を提供するために、「お節介兄さん」になる【Proper's ミライリアル DATUM STUDIO Keita.Sさんの場合】

お疲れ様です!Supershipホールディングスで採用を担当している人財開発本部の白川です。

Supershipグループでは、Group Purpose「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」の浸透に向けた取り組みを進めています。その一環で現在、グループの全従業員を対象としたワークショップ “CAMP” を順次実施しています。

“CAMP” ではメンバー一人ひとりの「ミライリアル」を言語化していますが、この連載「Proper’s ミライリアル ◯◯の場合」では、Supershipグループに新卒で入社して以降活躍する若手プロパーメンバーが掲げる「私のミライリアル」とその背景にある「価値観、好きなこと、得意なこと」をお届けします。

今回は、DATUM STUDIO カスタマーアナリティクス部 Keita.Sさんの「Proper’s ミライリアル」です。

Supershipグループのミライを切り開いていくプロパーメンバーが考える、各社・各事業の“未来予想図”である「私のミライリアル」にぜひ触れてもらい、日々の業務(=旅路)を進めるヒントとしてご覧ください。

【 カルチャー浸透施策のひとつ、「カルチャーブック」については以下の記事で制作意図などを語っています。ぜひこちらも合わせてお読みください 】

Keita.Sさんの「私のミライリアル」

「私のミライリアル」
やるときゃやる、お節介兄さん

―Keita.Sさんの「私のミライリアル」について詳しく教えてください。

「DATUM STUDIOをはじめとする、Supershipグループの技術組織には、いわゆる『つよつよ』なエンジニアやサイエンティストが多く在籍しています。僕自身はそういった仲間たちのように、単独で大きな価値を提供することは難しいと思っています。

代わりに『つよつよ』な仲間たちの力を最大限に引き出し、チームとしての価値提供を最大化させていくための『お節介』を焼くことには自信があります。誰よりも『お節介』を焼ける存在になり、責任感を持ってチームとしてプロジェクトを完遂することを、これからのキャリアにおいても極めていきたいです」

価値観・好きなこと・得意なことについて

―続いて、その背景にあるご自身の価値観や好きなこと、得意なことについてお聞きします。まずは価値観についてですが「配慮」「義務」「笑い」とありますね。

「『お節介兄さん』として『配慮』は、最も大切な価値観であると考えています。仲間が抱える課題を捉え、課題の芯をしっかりと考え抜いたお節介を提供しなければ、チームとしての最大の価値提供にはつながりません。

また『義務』すなわち、責任感を持って仕事に取り組む姿勢も重要であり、これがなければ仲間からの信頼は得られず、『お節介』をすることもままなりません。

3つ目の価値観としては『笑い』を選びました。『配慮』や『義務』だけでなく、ユーモアも併せ持ってこそ、仲間に真に心を開いてもらうことができ、それが価値提供の最大化につながっていくと思います。あとは僕自身が関西出身なので『笑い』は大切にしていきたいと思っています(笑)」

―そして、好きなことは「お節介」「ヒトと関わること」「話にオチをつけること」を挙げていただいています。「お節介」についてはこれまでも述べてもらっていますが、他の2つはいかがでしょうか?

「『ヒトと関わること』については、個人としてではなく、仲間とともにチームとしての価値提供を最大化するほうが、僕自身は幸せを感じることができます。

『笑い』を大切にしているとお話ししましたが、僕自身スベることも多々あり、うまくオチをつけることができるよう、日々『笑い』を探究しています」
 
―得意なことは、「未経験のことでも完遂すること」「経験をチームに還元すること」の2つを挙げられています。

「インターネットやデータサイエンスの業界は変化が激しく、それゆえ未経験のことにチャレンジする機会が多くあります。未経験のことであっても責任感を持ってやり切ること、また自身の経験を抽象化し、ドキュメンテーションなどでチームに還元していくことには自信があり、これによってチームとしてのアウトプットを最大化させることができると考えています」

価値観が育まれた人生のターニングポイントとは

文字が小さいため画像をクリックし拡大してご覧ください

―ここからは、Keita.Sさんの価値観や好きなこと・得意なことが育まれたきっかけとなるエピソードなどを伺いたいと思います。ご自身の人生の“幸福度の増減”を折れ線グラフにした「ライフチャート」を作っていただきましたので、これに沿ってお話を聞いていきます。

まずは大学入学までを振り返っていただけますか。

「大学入学前までは兵庫県の片田舎で、平和な日々を過ごしていました。現在と変わらず、この頃からいじられキャラを発揮していた思い出があります(笑)。大学受験もあまり苦労した記憶はなく、高校での学習範囲は明確な解答がある内容なので、楽しんで取り組むことができ、第一志望の大学に無事合格することができました」

―大学に入学すると好調から一転、曲線が下降していますが、いったい何があったのでしょうか。

「それまで狭いコミュニティで生きてきた自分が、大学に入学し、新しい人の多い広い世界にいきなり身を置くようになり、人間関係の構築に苦労しました。

チャラい人は苦手だし、かと言ってその逆もちょっと違うなーと思っていて、当時の自分を振り返ると色々とひねくれていたし、浅はかでした。でもサークルには入っていて、同期で5~6人とは今でも連絡を取り合うのでそういった意味では良かったですね」

―今はそう(ひねくれているようには)見えませんが。

「今もどこかで斜に構えている感はまだあるかもしれませんが、“治った”きっかけとしては、大学1年から修士過程2年までずっとやっていた予備校のチューターのアルバイトでしょうか。人と絡まないと仕事にならなくて、いちいち斜に構えていたらやってられないので、そこで対人関係の弱点を克服できたのかなと思います」

―大学3〜4年生の頃は復調されたものの、大学院でのゼミは苦戦されたようですね。

「修士では統計学を専攻したのですが、延々と答えのない難解な問いに立ち向かっていました。ただ、記載のとおり苦労した部分は大いにあるものの、統計学を通じて高いレベルの数学や論理に触れた経験は今の仕事にも活きています。

大学・大学院の6年間で経験したことは、今の仕事に役立っているものが多くあります。先ほど話したチューターのアルバイトでは、生徒の前で話したり、同じ予備校の他の校舎のアルバイトを集めた場で発表したりと、大勢の前で話す機会が多くありました。この経験は、社内での研修業務を担当するシーンで大いに役立っていると思います」

―このようなバックグラウンドから、なぜDATUM STUDIOを新卒としてのファーストキャリアに選ばれたのでしょうか。

「今でこそようやく市民権を得てきましたが、私が就職活動をしていた当時は、ゼミでTech系のスタートアップや、ましてやデータサイエンティストとしてのキャリアを選ぶ人はほとんどいませんでした。その中で、大学でのデータサイエンス養成講座を受講したことがきっかけで、データサイエンティストの仕事に興味を持ち、また自身が培ってきた統計の学びも活かせることに魅力を感じました。

内定をいただいた会社のうち、歯に衣着せぬ採用担当者の姿勢や自由な風土があり、けれど社員一人ひとりがプロフェッショナリズムと責任を持って仕事を完遂していくカルチャーに惹かれ、DATUM STUDIOへのジョインを決断しました」

―20新卒としてDATUM STUDIOにジョインしているので、早くも3年目が終わろうとしていますね。

「あっという間でしたね。リモートワーク体制で、思い描いていた社会人生活と異なる日々を送る中で、時には今までの自分の専門外の技術を用いなければならないエンジニアリング系の案件に苦しみ、人とコミュニケーションが取りづらい時期もありました。

ですがだんだんと対面を含めたコミュニケーションの頻度が増えたり、自身のキャリアの転機となったCTO室での社内研修の企画・運営業務を経験し、また後輩が自分のように困らないために経験をチームに還元する仕組みをつくることにやりがいを感じてきました。

冒頭でも話したように、僕は自分一人で突破するような力は持っていないけど、他の人が本質的なところに注力できるようなお節介はできると思っています。エンジニアリングが得意な人がスケジュール調整に苦戦していたら、『そこは僕がやりますよ』と立ち回れるようになりたいです。でもそればかりだとデータサイエンティストじゃなくても良いじゃん、となってしまうので、僕自身も技術力を身につけることは注力しつつ、最終的には他の人たちと協業して何か大きな成果を出せるようになりたいと思っています。

そしてゆくゆくは、技術職を超えたポジション、例えば“Techもわかる人事”のような存在になることも検討しながら、チームとしての価値提供の最大化に貢献できるお節介兄さんとしてのキャリアを築いていきたいです」

ーKeita.Sさん、ありがとうございました!

今後も、Supershipグループのミライを担うプロパーメンバーへのインタビューを通じて、彼らの描く「ミライリアル」に触れていただき、皆さんの日々が少しでもBe Superになるような刺激やヒントとなれば幸いです。次回のインタビューもお楽しみに!

▼ 「Proper’s ミライリアル」過去の記事はこちらから

▼ 「Leader’s ミライリアル」過去の記事はこちらから

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,487件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Supershipグループでは一緒に働くSuperな仲間を大募集中です!