Super Stories(Supershipグループ社内報)
Supershipグループ 22新卒紹介!【vol.1 Supership(ビジネス職)編】
見出し画像

Supershipグループ 22新卒紹介!【vol.1 Supership(ビジネス職)編】

Super Stories(Supershipグループ社内報)

お疲れ様です。Supershipホールディングス 人財開発本部の相川です。

Super Storiesでは昨年度に引き続き、グループにジョインしたばかりの22新卒の皆さんを紹介する連載企画をスタートします!

今年度は、グループ史上最多となる29名の新卒社員がジョインしてくれました。

新卒の皆さんは、先日の入社式以降、グループのミライを担う人財として活躍いただくために研修に臨んでいます。

リモートワークによって、既存社員の皆さんとの接点が生まれづらい状況ではありますが、Super Storiesを通じて22新卒の皆さんを少しでも知ってもらうべく、4回に分けてご紹介していきます。

今回は第一弾として、Supershipにビジネス職としてジョインした22新卒の6名を紹介します。

(質問への回答は、22新卒の皆さんからいただいたコメントをほぼ原文のまま掲載しています。)

“たくさんの価値観に触れて己の器を成長させたい” 海野さん

Supership 海野(うんの)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

元々絵を描くことが好き、あったら面白いプロダクトを作りたいという思いで、大学では情報プロダクトデザインを専攻していました。
しかしインターンを経て様々な気付きがあり、デザインではないことを仕事にしたいと考えるようになりました。
そこで自分がデザインをする時のコンセプトである「価値観が異なる人同士を繋げる」を新たな軸として就職活動を行いました。
その中でSupershipのバリューである「Super Honesty」と「Super 未来志向」に出会い、グループへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

大学の卒論で日本酒をテーマにするほど、日本酒が好きです。日本酒があるところに夜な夜な出没しています。笑

―グループにどんな印象を持っていますか?

研修参加から一ヶ月も経っていませんが、既に自分の描いていた様々な価値観があり多用な可能性にあふれている会社だと感じます。
面白い同期と一緒に新たな知見が得られ、充実した毎日を送っています。

―今後への意気込みを教えてください!

自分にとって後ろめたくないよう、そしてSupershipのたくさんの価値観に触れて己の器や知識を深め成長していきたいです。

“とにかく勉強して、いち早く活躍できるよう頑張る” 小原澤さん

Supership 小原澤(こはらざわ)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代は様々なことにSuperチャレンジしてきました。東日本大震災の復興支援を目的としたアパレルブランドの立ち上げや「光る絵本展in三陸鉄道」というイベントの企画運営、BtoB/BtoC向けにEdtech事業の開発、非認知能力×キャリア形成がコンセプトのオンラインサロンの立ち上げなどに取り組みました。
多くの活動を通じて、データから戦略を立てる大切さを学んだことと、業界に捉われず広い影響範囲で貢献できる仕事がしたいと思い、Supershipにジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

服とご飯屋さん巡りです。自分で作るほどに洋服が好きで、休日はセレクトショップや蔦屋書店に入り浸るのが趣味です。
ご飯屋さん巡りは、多いときは週5日巡ります。現在はGoogleマップに250件ほどリストが溜まっています。

―グループにどんな印象を持っていますか?

様々なバックグラウンドを持った、優秀で個性豊かな人達が集まっている印象です。
また、若手のうちから大きな挑戦ができる印象があります。

―今後への意気込みを教えてください!

恵まれた環境と与えていただいた仕事に感謝し、とにかく勉強していち早く活躍できるように頑張ります。

“主体的に行動&チャレンジしていち早く成長する” 税本さん

Supership 税本(さいもと)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

大学時代は、大きくビジネス力UPと英語力UPの2つに励みました。ビジネス力については1からWebサイトを立ち上げ、SEOを学んだり仲間を巻き込んだりしながらWebマーケティングビジネスを行ったり、大学で専攻していた経営学の勉強に力を入れ、知識の増強に努めたりしました。
また英語力については、留学なしで英語を話せるようになるにはどうしたらいいのかを徹底的に考え模索し実行した結果、独学かつ短期間で英会話力を高めることができ自信につながりました。
就職活動では最大手のメガベンチャーと迷った結果、いち早く自分の目指すゴールに到達できそうであるという理由から、グループへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

海外旅行です。海外に行くと未知のものにたくさん遭遇できますが、それらに出会うたびにワクワクを覚えます。いつか世界一周なども経験してみたいと思っています。

―グループにどんな印象を持っていますか?

とにかく刺激をもらえる環境かなと思っています。先輩方は優秀な人ばかりで日々多くの学びがあります。また、同期も意欲的なセルフスターターのような方ばかりで、日々モチベーションが上がります。

―今後への意気込みを教えてください!

とにかく「主体的に」行動&チャレンジしつつ、内省をしっかりと行い、いち早く成長できるよう頑張っていきたいと思っています。

“I am Supership.” 白川さん

Supership 白川(しらかわ)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

中高はアメリカのハワイ州にて単身留学をしていました。
そこから都内の大学に進学、大学時代は起業やイベント団体の設立・運営に励んでいました。
大学生の意識改革を目的に『チャラくないナイトクラブ』の企画運営にも取り組みました。
様々な学びを通して、今は「人同士のコミュニケーションがもっと盛んに、質高く行われる社会の実現」を目指して活動しています。
就職先は、IT系のメガベンチャーと悩みましたが、人と社風の観点からSSへのジョインを決めました!

―Superな趣味・特技を教えてください!

「服」と「カフェ」と「語り合い」です。
よく仕事終わりや休日にはセレクトショップ(ドメブラ中心)を見に行ったり、落ち着く雰囲気のカフェを開拓したりしています。
あと、自分の考えとか将来について熱く語り合うのが大好きです。特に少人数だと平気で4~5時間語り合えるという特技を持ってます。

―グループにどんな印象を持っていますか?

「ハイブリッドスタートアップ」という表現がピッタリだと思います。
ある程度資本的にも安定した土台の上で、挑戦できる。かなり特殊な環境に感じます。
あと、本当に「いい人」が多い印象です。

―今後への意気込みを教えてください!

「I am Supership.」
まだまだ成長過程のSupership。新卒組を代表してグループバリューを体現し、Supershipの色となる。
今あるリソースをさらに活用&転用して、理想的なSupershipのミライリアルを創り上げます!

“全てのことに対し能動的に取りに行く” 瀬山さん

Supership 瀬山(せやま)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代に面白そうと思ったことに対して、「とりあえずやってから考えよう」という精神で様々なことに挑戦してきました。
なぜそうやって行動してきたのか!!?
一浪して、キャンパスライフに憧れを抱きながら、大学に入ったのですが、思ったほど充実しておらず、「あれ?」っとなってしまった記憶があります。

そこから、大学生活を充実させるためには、与えられるのではなく、自ら充実を掴み取るものだと思い立ち、様々なことに挑戦していきました。
具体的には、BASEでの韓国アパレルの立ち上げ、学生団体の立ち上げ、訪問販売のチームの立ち上げ、いろんなコンセプトのパーティー、数社の長期インターン、NPO法人の活動など、、
そして様々な挑戦をしていく中で、自分自身の生活がとても充実していくものになっていきました。
そんな中で、周りの人にももっと充実感を味わって欲しいというところから、いろんな人を巻き込んでいきました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

他の人に比べて、趣味かなと感じるハードルがかなり低く、多趣味だと思います。
体操競技、スノボ、この二つは部活してました。
そのほかにも、キャンプ、釣り、素潜りなどアウトドア全般です。
また、料理や旅行、映画、筋トレなど様々です。

―グループにどんな印象を持っていますか?

規模が大きいながらも、やりたいと言えば若手の私たちにもやらせてもらえる環境が整っているという印象です。

―今後への意気込みを教えてください!

これまでも、そしてこれからより一層、全てのことに対し能動的に取りに行く

“ビジネス側とデータ側の両面から物事を捉えたい” 降旗さん

Supership 降旗(ふりはた)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

私は大学時代に、理系学部機械系学科から文系学部の経済学部に編入学しました。また、腰を壊し退部しましたが、前大学時には体育会ラグビー部に所属していました。詳細は省きますが、機械系学科と体育会ラグビー部という大組織の経験から、機械や数学ではなく社会的な物事に興味を持つようになりました。それと同時期に大ベストセラー本である「FACTFULLNESS」と出会いました。この本から私は、データを通して事実を見る大切さと、人の「意思決定・行動」の複雑さと矛盾を痛感しました。
就職にあたっては、データという事実を活用し、人の「意思決定・行動」の集合体であるビジネスを行っているSupershipと出会いジョインしました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

セルフカットとバク宙です笑(繋がり0)
ラグビー部で心身ボロボロになったこともあり、健康オタクです笑
あとは最強の漢になる事が夢なので、筋トレばっかしてます。
最近ではカバディというインド発祥のスポーツを始めました。大会が近いので楽しみです。ぶちかまします^^

―グループにどんな印象を持っていますか?

まず、同期が半端なく優秀で、ユニークで素晴らしい経歴を持った異端児ばっかりという印象。すごい人たちに囲まれて嬉しいです。
先輩も手厚く、優しく接してくれてありがたいっていう感じです。

―今後への意気込みを教えてください!

ビジネス職として入社しましたが、個人的な想いもあり、データについて勉強し理解を深めていきたいです。ビジネス側とデータ側の両方面から物事を捉えられる漢になりたいです。英語も勉強して、海外事業もアサインしてもらえるようになりたいです。
ひとまず先輩社員の方達に顔を覚えてもらえるようにしたいです^^

最後に

記事をご覧いただいた皆さん、Supershipの22新卒のことを少しでも知って頂けましたでしょうか。

オフィスやMTGなどで見かけた際には、ぜひ皆さんからもお声がけいただけると幸いです。

次回は「Supership(技術職)&Momentum編」として、Supershipに技術職として加わった9名とMomentumに加わった1名のメンバーをご紹介します。お楽しみに!

▼ Supershipグループの22新卒関連記事はこちらからまとめてお読み頂けます

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
Super Stories(Supershipグループ社内報)
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。