見出し画像

Supershipグループ カルチャービデオ公開! 【12分でグループのあゆみとカルチャーがわかります】

お疲れ様です、人財開発本部の相川です!
20新卒としてSupershipグループにジョインし、採用広報やインナーコミュニケーションなど、カルチャー醸成に関わる業務に携わっています。

先日、「Supershipグループ カルチャービデオ」というものを制作いたしました!

これは、Supershipホールディングス代表取締役社長CEOの稲葉さんに、Supershipグループのこれまでのあゆみと、そこから生まれたカルチャーについて語ってもらったものです。今後仲間になっていただく方々へ向けたものとして企画したのですが、既存の社員の皆さまにも是非見てもらいたい内容となっておりますので、この場を借りてご紹介させていただきたいと思います!

社員のみなさん、Supershipグループの歴史、ご存知ですか?
正直、あまり良く知らない!という方も、もちろん知っているという方も、この機会におさらいしてみてください。

Supershipグループのカルチャーについて

Supershipグループの前身となったSyn.ホールディングス株式会社が誕生したのは2014年。それから、Supershipホールディングス株式会社への社名変更を経て、子会社にSupership株式会社をはじめ、株式会社シナリオ(2021年1月、Supershipに経営統合)、Momentum株式会社、DATUM STUDIO株式会社、その子会社にあたるちゅらデータ株式会社といったスタートアップが集まった共創体としてSupershipグループは大きく成長をしてきました。

このように、バックグラウンドの異なるプロフェッショナル達が集まったSupershipグループの従業員数は、現在500名を越え、ミライに向けてまだまだ成長過程にあります。
これは自分が担当しているカルチャー醸成という面においても同じだと思っています。

こちらの記事で稲葉さんも触れていますが、

2020年6月にSupershipグループとしてのGroup Purpose(存在意義)、事業Vision、Group Value(行動規範)が言語化され、これをGroup Identityとして浸透させていこう!とは言ったものの、カルチャーというものはすぐに浸透するものではなく、長い時間をかけて醸成していくものだと思っています。

カルチャーを担っていくのは、他でもなく、我々メンバー一人ひとり。
長く在籍しているベテランメンバーはもちろん、今この記事を読んでくれている、これからジョインするミライのメンバーも同様です。

是非、みんなでカルチャーを共創していきましょう!

最後に

グループに新しくジョインするメンバーには、入社初日に、このビデオを視聴してもらっています。
カルチャーをみんなで浸透させていくにあたって、改めてGroup Identityについての認識を揃えるべく、
既存メンバー、そしてミライのメンバーにも、ぜひ見てもらいたいなと思っています。

個人的に、「忙しい人のためのSupershipグループカルチャービデオ」というコンセプトのもと、12分という限られた時間でコスパよく、価値ある情報をインプットできる動画に仕上がるよう、内容の網羅性を保ちながら、時間をどれだけコンパクトにできるかに注力し、ビデオを作成しました。

(なお、動画の制作にはデザインチームの時重さんにご協力をいただきました。ありがとうございます!)

稲葉さんとグループの出会いや、カルチャー浸透に対する本音といった、なかなか聞けない貴重な内容も含まれていますので、お手すきの際、ぜひご覧になってください!!!

この記事が参加している募集

オープン社内報

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
5
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。

こちらでもピックアップされています

ミライリアル通信
ミライリアル通信
  • 4本

私たちが目指す未来がどんなものか、それを実現するためにどのように行動していくか。Supershipグループの取組みや経営陣の想いなど、主にグループ、会社、組織に関連するコンテンツを綴っていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。