前四半期で最も“Be Super”だったのは誰? 「QMVP」制度スタート!
見出し画像

前四半期で最も“Be Super”だったのは誰? 「QMVP」制度スタート!

お疲れさまです!DATUM STUDIO コーポレート本部の松浦です。

今回は、Supershipグループで新たに始まった、四半期で最も成果を上げたメンバーを表彰する「QMVP」制度について、運営チームの私から紹介させていただきます!

「QMVP」とは?

「QMVP」は、Supershipグループの4つのValueを体現し、最も成果を上げたメンバーを表彰する制度です。

コロナの影響によるフルリモートへの移行で、メンバー間でのコミュニケーションの機会が減っている中、「Valueを体現し、成果を上げることができた人をグループをあげて称賛したい」そして「メンバーの頑張りを、部署や会社を超えて広く知ってもらいたい」という想いで誕生しました。

対象となるのはSupershipグループに所属する全てのメンバーで、「マーケティングテクノロジー」(2名)、「データテクノロジー/コマース&リテールテクノロジー」(2名)、「コーポレート」(1名)の3つの区分でそれぞれQMVPが選出されます。(それぞれ対象となるメンバーの数に合わせ選出数が決められています)

QMVPは月初朝会で発表・表彰され、このSuper Storiesでも紹介されるほか、賞金5万円+副賞が贈呈されます。

選考について

審査は下記の4つのValueに則り、各Valueのいずれか(もしくは複数)を満たしているか、それによって成果をあげられているかを基準に行われます。

4つのValue

Super未来志向
理屈にとらわれず、ワクワクするような未来を描けているか。
ワクワクを表現して、それを自らの業務に落とし込めているか。
Super Challenge
あたらしい可能性を信じて、大胆にチャレンジできているか。
大胆であるだけでなく、リスクの見極めとケアができているか。
Superジブンゴト化
指示を待つことなく、自発的に課題を形成できているか。
常識や過去にとらわれず、能動的に課題を解決できているか。
Super Honesty
自己と他者との違いに敬意をはらい、誠実に向き合えているか。
仲間に知的な刺激を与え、チームでの共創につなげているか。

この4つのValueについて、実はまだあまりよくわかっていない・・・という方はこの機会にぜひ稲葉さんの記事を読んでみて下さい!

選考では、まず、推薦により名前の上がった候補者の皆さまを運営チームで各3つの領域に適切に振り分け、その後、候補者が所属する部署の部長などマネージャー陣により行われる1次選考、そして各部門の管掌役員などにより行われる2次選考を経て、QMVPが決定されます。

あなたの推薦でQMVPが決まる!

…そして、2020年度・第3QのQMVPの推薦はすでにスタートしています!

投票は1月8日(金)まで。1人1回投票することができ、自薦他薦は問いません。選出されたQMVPは2月2日(火)の朝会で発表されます。

各事業・領域の皆さんの頑張りを厳正に審査し、表彰します!あなたの一票がQMVPを決めます!ぜひ推薦をお願い致します!(投票期間が短いのでお早めに・・・!)

👉 投票はコチラから!! 👈
(Supershipアカウントからアクセスしてください)

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。