Supershipグループ Advent Calendar 2020、絶賛更新中!
見出し画像

Supershipグループ Advent Calendar 2020、絶賛更新中!

こんにちは、Super Stories編集部のみえです。
気づいたらあっという間に12月も後半に突入し、激動だった2020年も残りわずかですね。

Supershipグループでは、今年もアドベントカレンダー「Supershipグループ Advent Calendar 2020」を12月1日より実施しており、Supershipグループのエンジニアメンバーたちが毎日記事を投稿しております!


Supershipグループのアドベントカレンダーって?

(説明不要かもしれませんが念の為ご説明しますと・・・)もともとはクリスマス期間を楽しむために毎日、日めくりで開けていくカレンダーのことをアドベントカレンダーと言いますが、いつからかあるテーマで複数の参加者が12月1日から12月25日までの25日間、日替わりで記事を更新していく、Web版アドベントカレンダーを作成するムーブメントがエンジニア界隈を中心に起こり、Supershipグループの各社でも今や定番化している取り組みです。

そんなアドベントカレンダー企画を、今年はグループ同士のナレッジ共有やコミュニケーション活性化を目的に、会社の垣根を取り払ったグループ横断のアドベントカレンダーとして実施しております!
アドテク、サイト内検索、OMO、AI構築からデータアナリティクスなどなど・・・Supershipグループのさまざまな事業を支えるエンジニアたちが自由なテーマで記事を執筆しています。

↓Supershipグループ Advent Calendar 2020はこちら↓

本記事を執筆している私自身はエンジニアでないのですが、こういった企画をきっかけに、普段の業務では関わることがあまりないメンバーが書いた記事を読むことで、メンバーの新しい一面を発見できたり、記事の内容(ネタ)で社内のチャットが盛り上がっている様子をみるのはエンジニアでなくても純粋に楽しいです。

なお、ちゅらデータのエンジニアメンバー達は日頃から「Qiita」にて積極的に情報発信をしており、独自にちゅらデータAdvent Calendar 2020を実施しておりますのでこちらも是非チェックしてみてください!

↓ちゅらデータ Advent Calendar 2020はこちら↓

<参考>
過去に実施したSupership各社のアドベントカレンダー
▼2016年のSupershipアドベントカレンダー
https://qiita.com/advent-calendar/2016/supership
▼2018年のSupershipアドベントカレンダー
https://qiita.com/advent-calendar/2018/supership
▼2016年のDATUM STUDIOアドベントカレンダー
https://qiita.com/advent-calendar/2016/datumstudio
▼2017年のDATUM STUDIOアドベントカレンダー
https://qiita.com/advent-calendar/2017/datumstudio

記事を書いたメンバーからのコメント

エンジニアが書いた実際の記事に関してはアドベントカレンダーをチェックしてもらいたいのですが、記事を書いてくれたメンバーから一部の方にお声がけして感想やコメントをいただきましたので、ご紹介いたします。

まずはトップバッターとして記事を書いてくださった、SupershipのVPoE(エンジニア組織のマネジメント責任者)兼、アドテクノロジーセンター センター長の 名畑(@nabata)さん

社外、社内の両面から普段よりも視線を集めやすい企画のため、高揚しましたね。情報発信は自分自身のためでもあると思うので、メンバーと連携してこれからも力を入れていきたいです。(名畑)

2日目の記事を書いてくださった、Supership データソリューションスタジオ(DSS)兼 エンジニアマネジメント戦略室の飯田(@Kujou)さん

普段業務としてやる仕事は色々とありますが、今年は特に「引継ぎ」をする/受けるという状況が多く、自らを振り返りつつ、また今後困らないようにするにはどうしたら良いのかなということを意識して書かせていただきました。普段の業務だけでなく、こういった細かいところやイレギュラーな業務でも円滑に進められることは組織の強さに繋がっていくと感じておりますので、今後も意識していきたいです。(飯田)

Supership データソリューションスタジオ(DSS)部長 兼 エンジニアマネジメント戦略室の 大岩(@funnythingz) さん

エンジニアマネージャーというのは本当に重要な職種で、記事は内向きな内容になってますが、現エンジニアマネージャーの人たち向けに気張らずにやっていけば良いよというのが伝われば良いなと思って書きました。あとエンジニアマネージャーをやりたい!という積極的なマネジメント志向の方ってあまりいないと思うのでエンジニアマネージャーが増えると良いなと思っています。(大岩)

最後に、今年のアドベントカレンダー実施にあたり企画・運営をしてくださったSupership アドテクノロジーセンターの初鹿さん。(@tetuo41

前回のSupershipアドベントカレンダーでも企画を担当させていただきましたが、今年もエンジニアが集まるSlackチャンネルでお声がけしたところ、多くの方に立候補いただけてよかったです!
テーマも内容も、書きぶりも本当に様々で、読んでいて楽しい記事がたくさん更新されていますので、後半も是非、楽しんで読んでいただけたらうれしいです!(初鹿)


以上、全員のコメントをご紹介できないのが心苦しいのですが、記事を書いてくださった一部のメンバーの方にお声がけしていただいたコメントをご紹介しました。

Supershipグループ Advent Calendar 2020は、12月25日までリレー形式で毎日更新予定ですので、今後の更新も是非チェックしてみてくださいね!

(アンカーはSupership CTO の宇都宮さんの予定です!お楽しみに!)


宣伝:エンジニアの仲間を大募集中です!

Supershipグループではプロダクト開発やサービス開発、データ分析に関わるメンバーを絶賛募集中です!!!!!!!!!!!
ご興味がある方は各社の採用サイトをチェックしてみてください!


Supership 採用サイト

Momentum採用サイト

DATUM STUDIO採用サイト

ちゅらデータ採用サイト


この記事が参加している募集

オープン社内報

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。