Super Stories(Supershipグループ社内報)
Supershipグループ 22新卒紹介!【vol.2 Supership(技術職)&Momentum編】
見出し画像

Supershipグループ 22新卒紹介!【vol.2 Supership(技術職)&Momentum編】

Super Stories(Supershipグループ社内報)

お疲れ様です。Supershipホールディングス 人財開発本部の相川です。

Supershipグループの22新卒を紹介する連載企画、第二弾の今回はSupershipに技術職(エンジニア職)としてジョインした9名とMomentumにジョインした1名を紹介します!

(質問への回答は、22新卒の皆さんからいただいたコメントをほぼ原文のまま掲載しています。)

▼Vol.1 Supership(ビジネス職)編はこちら

“素直さを忘れずに、新しい技術を吸収しながら積極的にチャレンジしたい” 伊藤さん

Supership 伊藤(いとう)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

大学に入ってから最初の2年半は、家電量販店で接客のアルバイトをしており、残りの期間はAIによる画像解析の研究をしていました。
大学院進学に伴い社会で使われるAI技術に興味を持ったので、製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供している企業で2年間インターンをしていました。
逆求人イベントを通じてSupershipを知り、身近なものとして触れながらも、知らない広告の事業・技術に興味をもち、Supershipへのジョインを決めました。
アルバイトで経験したお客様との会話から最も役立つ商品をおすすめするノウハウや、学んだAI技術を活かしていきたいと思います。

―Superな趣味・特技を教えてください!

趣味は映画鑑賞です。特にアメコミ映画が好きで、新しい映画が上映されるたびに映画館に足を運びます。
特技は陶芸です。高校在学時に2年間陶芸部に所属し、文化祭の陶器市で自分の作った壺が6,000円で売れた時はとても嬉しかったです。

―グループにどんな印象を持っていますか?

安心して成長できる印象を持っています。
成長するには自分自身の能動的な行動が必須ですが、グループ全体として成長を支えてくれる環境が整っているように感じました。
人はもちろんですが、終わりのないテクノロジーの進歩やアドテク市場の変化にグループ全体で立ち向かっており、自分もその一員になれたことに誇りを感じます。

―今後への意気込みを教えてください!

家電量販店で培ったお客様との会話から最も役立つ商品をおすすめするノウハウや、研究室で学んだ技術を活かしつつ素直さを忘れずに、今まで経験したことのない領域に対する新しい技術を吸収しながら、積極的にチャレンジしていきたいと思います。

“優秀な先輩・同期を見習いながらガンガン成長していく” 加藤さん

Supership 加藤(かとう)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

高専から大学院まで情報工学を学び、特に暗号理論や敵対的機械学習の研究を行っていました。
アルバイトで様々な技術的な案件に携わる中で、自分の可能性を模索したいという気持ちが生まれ、どんどんChallengeしていける環境と技術的に面白いことができる環境に魅力を感じて、グループへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

ジャグリングです。特に中学生の頃からヨーヨーが好きで、弟と一緒に夢中になっていました。
大学のジャグリングサークルでは、主にディアボロをしていました。
一時期、色々なルービックキューブを解くのにハマっていて、最近またやりたいなと思っています。

―グループにどんな印象を持っていますか?

バックグラウンドや得意分野が異なる人たちが多く、お互いにその素晴らしさをリスペクトしあえている、いい環境だと思います。
自然体で優しい人が多い印象です。

―今後への意気込みを教えてください!

優秀な先輩・同期を見習いながらガンガン成長していきたいです。
Super Challenge!!!

“現状を楽しみながら成長し、周りに貢献したい” 神田さん

Supership 神田(かんだ)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代は「なにかを作ること」に熱中していました。電子工作、プログラミング、ロボットコンテストなどをやる過程で、色々な人と手を動かして新しいものを作る楽しさにハマっていきました。
大学院では最新のAI・人工知能に関する研究を行っていました。最先端で面白そうな領域であったことから、未経験なことに挑戦したいという思いにピッタリでした。
就活の段階で、データサイエンスや広告に興味を持っていたときにSupershipと出会いました。事業領域への興味、人の多様性、挑戦が求められる社風などに惹かれ、入社を決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

ゲームやスノボなど友達と遊ぶのが好きで、可能ならずっとしていたいです。やったことがないことに挑戦するのも好きで、最近では人生で初めてカレーを作ったり、オフラインの対戦ゲーム大会に出たりしました(どちらも結果は微妙でした)。特技はものづくりで、プログラムを書いたり、はんだ付けをしたりして日常の面倒なことを楽にしています。

―グループにどんな印象を持っていますか?

人について言えば、個性的な人が多い印象です。技術力が高かったり、すごい経験をしている人だったり、これまで色々な面白い人に出会いました。

―今後への意気込みを教えてください!

僕自身は技術的に知らないことが多く学ぶことだらけなのですが、今の環境を活かして現状を楽しみながら成長し、周りに貢献していきたいです。

“「これは小林に聞けばわかるな」と言われるような頼れる存在に” 小林さん

Supership 小林(こばやし)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

大学と大学院では情報分野を学んでおり、サーバーやネットワークといったインフラストラクチャーに興味を持って、インフラストラクチャーサービスを提供するチームで活動していました。インフラストラクチャーを使う事業の中でも、アドテクノロジーは膨大なアクセスを捌くインフラストラクチャーが必要であり、そのチャレンジングな分野に興味があったため、Supershipグループにジョインしました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

ボードゲームや旅行を中心にインドアやアウトドアといった枠にとらわれず、人と一緒に楽しめることを趣味にしています。自分が楽しむ・皆に一緒に楽しんでもらうために、イベントを企画したり、企画をサポートすることも好きです。

―グループにどんな印象を持っていますか?

個の成長を重視しており、成長のための環境が整っている会社という印象を持っています。また、個性的な仲間に囲まれて、最先端の事業に高い自由度で取り組む刺激的な日々を送ることができそうで楽しみです。

―今後への意気込みを教えてください!

「これは小林に聞けばわかるな」と言われるように技術に詳しく、頼られる存在になれるように頑張ります!

“とにかくアウトプットをして、叩き上げられながら成長したい” 田村さん

Supership 田村(たむら)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代は応用数学専攻で多変量分散分析の統計量について研究をしながら、インターンでデータの加工や分析を行っていました。
幅広いデータを扱えることや、大企業の安定性とベンチャーのスピード感を持ち合わせていることに惹かれ、ジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

最近はKaggleにハマっていて、同期数人とH&Mのレコメンデーションのコンペティションに挑戦しています!

―グループにどんな印象を持っていますか?

複数のベンチャーが合併してできた会社であるため、多種多様なバックグラウンドを持った方や価値観がある印象です。
一方でチャレンジを肯定してくれる文化は、各社共通していると思います。

―今後への意気込みを教えてください!

とにかくアウトプットをして、叩き上げられながら成長していきたいと考えています!

“泥臭く一歩ずつ、着実にグループに貢献していく” 永井さん

Supership 永井(ながい)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

データを扱っている事業と高トラフィックな環境を魅力に感じたため、グループにジョインしました。学生時代は情報学を主軸に、学部時代はハードに近いサイバーセキュリティ、院生時代はデータを活用した路線バスの運行ダイヤ最適化の研究を行っておりました。院生時代には、本筋以外に教授の要請を受け、小さなデータセンター作りを行っていました。最終的には、ラックサーバ7台とネットワーク機器3台を管理していました。
この取り組みを通して、高トラフィック環境な現場のインフラはどうなっているのかという部分に興味を持ち、その環境があったグループにジョインしました。データのスキルも活かせる可能性があるという点も、決め手の一つでした。

―Superな趣味・特技を教えてください!

自分が知らないこと、分からないことを新しく学ぶのが好きです。進歩が早い情報の分野で、あれもこれもと興味の示すままに手を出していたら、いつの間にか未知の領域を学ぼうとする癖が付き、生活を侵食するようになりました。
自分の中での比重は下がってきましたが、ゲームも好きです。高校から大学前半はMMOに浸っていました。

―グループにどんな印象を持っていますか?

グループ全体を通して「落ち着き」があるという印象です。体育会系のようなノリは少し苦手意識があるため、ものすごく居心地が良いです。

―今後への意気込みを教えてください!

地味な意気込みですが、泥臭く一歩ずつ、着実にグループに貢献できるなと思っております。抱いた大志と現実のギャップが大きすぎて、撃沈した経験があるため、反省を活かし、その逆をやってみようという発想です。

“周りと切磋琢磨しながら、一人前のエンジニアとして活躍できるよう頑張る” 中里見さん

Supership 中里見(なかさとみ)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代は情報系の学部でインターネット上での消費者行動の研究をおこなっていました。研究と並行して教育活動に興味があり、プログラミング教育を行うスタートアップやメーカー系の企業でインターンをしていました。大きなデータや膨大なトラフィックを扱えるというところに魅力を感じ、グループへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

鉄道模型が好きで、高校生の時はコンテストに出展していました。模型の情景に用いる建物等をよく見るうちに廃線や廃墟も好きになりました。歴史は苦手だったのですが、興味があるものを起点に考えると面白いなと感じる日々です。

―グループにどんな印象を持っていますか?

さまざまなバックグラウンドを持った方々がいる中で、フラットに評価される場だなと感じています。日々良い刺激を受けながら過ごしています。

―今後への意気込みを教えてください!

まずは周りと切磋琢磨しながら、さまざまな知識や技術を吸収していきたいと思います。多様な人がいる中で視野を広げつつ、一人前のエンジニアとして活躍できるよう頑張ります。

“面白い経験をして、自分らしいバリューを発揮できるようになりたい” 西尾さん

Supership 西尾(にしお)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

学生時代は情報系の勉強と、ボランティア系の部活で活動を行っていました。
授業でのシステム開発やWEBアプリ開発の経験から、ものづくりに興味を持つようになりました。
研究室配属後は深層学習を研究しつつ、趣味・アルバイトでWEBアプリ開発に取り組んできました。
Supershipと出会ったことで、ハイブリッドスタートアップという会社体制とアドテク、検索領域の携わる領域の広さから、エンジニアとして面白い経験ができると思い、グループへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

バー巡りとカクテル作りです。初めてバーに行った際にカクテルに感動して、家でカクテルを作るようになりました。旅行の際は必ずバーを巡るようにしています。
他にもゲームや読書、映画鑑賞も趣味です。

―グループにどんな印象を持っていますか?

様々なバックグラウンドを持った方が多く、それぞれが異なるバリューを発揮している印象を持っています。
また、グループ全体としてかっこいい印象もあります。

―今後への意気込みを教えてください!

ここをスタートとして、社会人としてエンジニアとして足りない所を埋めつつ、様々な分野の知識とスキルを身につけ、面白い経験をして、会社で自分らしいバリューを発揮できるようになりたいです。

“積極的に多くのことに挑戦し、成長できるように頑張る” 細見さん

Supership 細見(ほそみ)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

高専で電気工学を専攻し、大学・大学院では情報工学を専攻していました。
その中で、現実世界の現象をコンピュータで模擬的に計算するシミュレーションに興味を持ち、研究室では有機分子のシミュレーションを行っていました。業務委託で製品企画をしていたこともあり、ビジネス職での就職を考えていました。
しかし、就職活動をしていく中で大規模サーバに興味があったこともあり、大量のトラフィックを高速に扱う技術に興味を持ち、エンジニアとしてSupershipへのジョインを決めました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

吹奏楽・サックスです。小学生の頃から大学院まで吹奏楽を続けており、大学時代は吹奏楽団の団長を務めていました。
もちろん音楽も好きですが、それよりも楽器自体が好きで続けています。
吹奏楽をメインにやってきましたが、これから様々なジャンルに挑戦していきたいです。

―グループにどんな印象を持っていますか?

様々なバックグラウンドから個性的で技術力の高い人が多い印象です。
また、お話を聞いていく中で挑戦できる環境であると感じています。

―今後への意気込みを教えてください!

まだまだ未熟ですが、積極的に多くのことに挑戦し、成長できるように頑張ります!

“日々キャッチアップしつつ、自身の強みを出せるよう精進する” 林さん

Momentum 林(はやし)さん

―学生時代からグループジョインまでの略歴を教えてください!

情報系の学部・研究科で主に自然言語処理を学びながら、アルバイトで機械学習を用いたサービス開発などを行なっていました。
Momentumには学生時代にインターン生としてジョインし、大学院卒業後、正式に入社しました。

―Superな趣味・特技を教えてください!

頭を使うゲームが好きです。あるカードゲームの公式大会で数回優勝しました。
最近はコーヒーと、競技プログラミングにハマっています。

―グループにどんな印象を持っていますか?

様々なバックグラウンドをもった方々が在籍している。
社内の雰囲気は全社を通してフラット、風通しが良いと感じます。

―今後への意気込みを教えてください!

エンジニアとして、未熟な部分を日々キャッチアップしつつ、自身の強みを出せるよう精進します!

最後に

記事をご覧いただいた皆さん、Supership・Momentumの22新卒のことを少しでも知って頂けましたでしょうか。

オフィスやMTGなどで見かけた際には、ぜひ皆さんからもお声がけいただけると幸いです。

次回は「DATUM STUDIO 前編」として、DATUM STUDIOの22新卒のうち7名をご紹介します。お楽しみに!

▼ Supershipグループの22新卒関連記事はこちらからまとめてお読み頂けます


この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
Super Stories(Supershipグループ社内報)
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。