エア出社できるグループ公式バーチャル背景と、SuperなSlack絵文字を作った話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

エア出社できるグループ公式バーチャル背景と、SuperなSlack絵文字を作った話

おつかれさまです。Supershipホールディングス コーポレートコミュニケーション部 デザインGの時重です。

このたび、Supershipグループ公式のバーチャル背景とSlack絵文字を制作しましたのでご紹介します!

Supershipグループ公式バーチャル背景について

Google Meetでの社内MTGやZoom、Teamsをつかった社外とのMTGなど、様々なオンライン会議のシーンでご利用いただけるバーチャル背景です。グループロゴ・Be Super・虎ノ門オフィス内写真と4つのGroup Valueをそれぞれ掲げたものがあり、Supership Portalのデザインのページに格納しています。

▶Supershipグループ公式バーチャル背景はこちら(社内限定公開/Supershipアカウントでアクセスしてください)

リモートワークに飽きた皆さん、きれいなオフィスにエア出社しませんか?

Supershipグループでは、新型コロナウイルス感染症について、オフィスのある都道府県別に3段階のレベルを設けて対応していますが、政府による緊急事態宣言を受け、現在、東京と大阪のオフィスへの出社についてはレベル2の「リモートワークを推奨」からレベル3の「原則オフィスへの出社は禁止」へと引き上げるかたちで対策がとられています(1/25現在)。
リモートワークを開始した当初は、部屋を片付けたり、自然光を探したり、身だしなみを整えたりと慣れない環境に苦戦していたりもしましたが、こうして長引くリモートワーク生活にもすっかり慣れ、マンネリ化した日々を送っている、という方も多いのではないでしょうか?ふとした瞬間に、部屋で1人モクモクとPCに向かって作業したり、画面に話しかけている自分の姿に孤独感を覚えることも・・・
以前はたまの出社で虎ノ門ヒルズビジネスタワーの広くてオシャレな本社にいくと、気持ちがリフレッシュできる、ということもありましたが、緊急事態宣言下にある今はそうもいきません。

そこで、普段MTGで使うバーチャル背景を切り替えることで、少しでも気分転換できるのでは?との思いで制作したのがSupershipグループ公式バーチャル背景です!


虎ノ門オフィス風景のバーチャル背景の中から一部をご紹介

バーチャル背景は、社内はもちろん、社外の方との打ち合わせにも使いやすいベーシックなものから虎ノ門オフィスの風景まで全24種類の豊富なバリエーションでご用意しました。
ここでは、そのなかでも虎ノ門オフィスの写真のなかからいくつかをご紹介します。虎ノ門ヒルズビジネスタワーの本社では、SupershipグループのPurposeやVision、Valueを表現したアートなどを取り入れたオフィスデザインがされています。オフィスの所々に刻まれたメッセージやアートの意味等も知っていただいた上で、背景を設定するとまた楽しいかもしれません。

▼メッセージ編

To make happiness a "Mirai real" with the power of technology.
(ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る)

画像1

画像2

Bring what excites you into people’s daily lives.
(ワクワクできたら、それを商品やサービスにして、社会に、暮らしに実装していくことをゴールにしよう。)

画像3

If there are risks, it’s worth the challenge .
(リスクがあるから、挑戦する価値があるんだ)

画像4

Fulfill your professional responsibility of freedom, autonomy, and ingenuity.
(自由と、自主と、愚直な工夫、それがプロの責任だ)

画像5

▼アート編

Artist:imaone & FATE
険しい山を超えて、波打つ海を越えて、2体の人とも見える勇敢な魂が、太陽が高々と登る山を目標に向かってくるイメージです。それぞれの異なる知恵、技術、道具を駆使し、一つのゴールを目指す様がSupershipらしい精神を象徴しています。

画像6

Artist:Yohei Takahashi
コヨーテとアナグマが描かれています。各種の研究では、コヨーテとアナグマは狩りのコンビとして相性が良いことが示されており、共に協力をして進んでいく様を表しています。

画像7

画像8

以上、オフィス風景を切り取ったバーチャル背景の中から一部をご紹介しましたが、いかがでしょうか?熱いメッセージが刻まれた背景でMTGに参加すると、きっと意識が高まるはずです(気のせいかもしれませんが)。
また、こうした背景を使ってエア出社することで、離れた場所にいても社内の仲間と少しは一体感を共有しながら業務を進めることができるのではないでしょうか?

\みんなでエア出社したイメージ/

iOS の画像 (19)

社外の方とのMTGの際にも、この状況なのでなかなかお客様を会社にお招きする機会がないかと思いますので、是非このバーチャル背景で移転した新オフィスをご紹介するなど、お話のタネに是非ご利用ください。

参考:オフィス紹介記事はこちら

SlackでつかえるSuperなValue絵文字も制作しました!

バーチャル背景の制作と同時に、さらに社内の一体感を生み出すしかけとしてSlackの絵文字も作成してみました。

Supershipグループの4つのグループバリュー「Super 未来志向(:miraishiko:)」「Super Challenge(:challenge:)」「Super ジブンゴト化(:jibungotoka:)」「Super Honesty(:honesty:)」が、すでにお使いのSlack絵文字パレットに登録されています。

静止画でまとめたり、アイコンで表現したりもしたのですが、小さくて読めなかったり、アイコン自体がまだ皆さんにとって馴染みのあるものでもないので、左から文字が流れるカタチにしました。

前四半期で最も“Be Super”だったメンバーを表彰する「QMVP」制度もスタートしたことですし、例えば、Superな行動をしたメンバーをこの絵文字で称賛する、という風に使っていただくなど、皆さんの日々の業務の中にバリューが活き、Slack上でもこれらの絵文字が沢山使用されたら、制作者として嬉しい限りです。

実は、Value絵文字のリリースはこっそり行っていたのですが、どなたかが発見して早速使ってくれているようです。今後も、是非積極的に使ってくださいね!

画像9

QMVP制度についてはこちら↓

Group ValueやGroup Purposeについては、稲葉さんが丁寧に解説してくださっているので、こちらの記事もおさらいしてみてください↓

リクエストやご相談はお気軽にデザインGまで

今回はバーチャル背景とSlack絵文字を制作した経緯も交えて制作者としての思いを綴ってみました。
私たちコーポレートコミュニケーション部デザインGでは、ロゴの制作やプレゼン資料のデザイン、動画制作など、Supershipグループの企業活動を支援するデザイン業務に携わっています。
デザインについてのご相談は、デザインGのSlackチャンネル(#design-soudan)までお気軽にご相談ください!




この記事が参加している募集

オープン社内報

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。