新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

虎ノ門オフィスに「ミーティングブース」ができました!導入の目的や使い方をお伝えします。

お疲れさまです!Supershipホールディングス 人財開発本部 業務推進Gの村嶋です。

先月、Supershipグループの虎ノ門オフィスに個室型の「MEETING BOOTH」を設置しました。

今回はこのブースを導入した目的や、使い方、使用する際の注意点などをお伝えします。虎ノ門オフィスで勤務することがある方はぜひチェックしておいてください!

なぜ導入に至ったか

導入目的は、主に以下の3点です。

① コロナ禍でWEB会議が増加
② 会議室6部屋のうち4部屋が上部吹き抜けのため、秘匿性のある会議などの声漏れ懸念
③ 執務エリア内で行われるWEB会議中の声が響くことによる周囲の影響

新型コロナの状況が日々変化し、オフィスに出社される方も徐々に増えてきた中で、4人以上収容できる会議室にて、1人でWEB会議を実施するケースが増えていました。

そうした中で、スペースの有効活用を目的に、防音性使いやすさも兼ね揃えた「ブース型のミーティングスペース」を導入することを決定しました。

もちろん現在の会議室の上部天井を埋める工事案(②、③の解消)も議論の中では出ましたが、核となる問題の解消にはならず、現状の出社人数も決して(コロナ前と比較すると)多くはないため、費用対効果を鑑みた結果ブース導入となりました。

MEETING BOOTHの使い方

こちらが虎ノ門オフィスに導入されたブースです。横95cm×奥行き98cmのほぼ正方形サイズとなっています。28階のキッチン付近に3つ設置しました。

画像1

画像2

画像3

この部屋の特徴と、使う際のポイントは以下の通りです。

・1人用ブースです。
・使用時間は30分~1時間程度を目安としてください。
・壁にモニターを設置していますので2画面での打合せが可能です。
・利用する際は必ずGoogleカレンダー(MEETING BOOTH01〜03表記)より予約して利用ください。
・テーブルの端のツマミで照明を調整できますが、人感照明のため入室すれば点灯し、20分間無人だと自動的に照明が切れます
・約40秒に1回自動的に換気を行います

使用時の注意点としては、バッティングを防ぐため、必ずGoogleカレンダーでの予約を忘れないように行っていただくのと、キャンセルの際は速やかに予定の削除をお願いします。

また、消防法の関係により完全防音ではありません(火災警報などが聞こえるようにするため)ので、音漏れ防止のため可能な限りイヤホンをつけてミーティングなどを行っていただきますよう、ご協力をお願いします。

最後に

実際にブースを使用した方からは「WEB会議のためにわざわざ階を移動する必要がなくなり助かる」「広さもちょうど落ち着くサイズ感で居心地良い」という声を頂いています。

コロナ禍により、オフィスのあり方も日々変化していますが、社員の皆さんにはご理解・ご協力いただくことが多く、本当にありがとうございます!

引き続き皆さんが働きやすい環境を作っていけるよう、業務推進G一同頑張っていきます!

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。