新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

経営・事業戦略を腹落ちさせ、“心理的安全性”を担保したい。「CxO's Cafe」、始めます!

お疲れ様です、Supership CTOの宇都宮です。

この度、Supershipグループの各社・各事業の戦略について、メンバーの皆さんに“腹落ち”してもらい、皆さんの「心理的安全性」を担保するための新企画「CxO's Cafe」をスタートします!

第1弾は、1月28日に行われた経営方針発表会「SGM」(Supership Group Meeting)を受け、グループ全体や各事業の今後の戦略・見通しについて深掘っていく4回連続の企画となりますが、その前に、この企画のねらいなどについてSuper Storiesで紹介させてもらいます。

そもそも「心理的安全性」とは

心理的安全性とは、「Psychological safety」の日本語訳で、ハーバード大学で組織行動学を研究するエイミー・C・エドモンドソン教授が1999年に概念を提唱しています。

「無知、無能、否定的、邪魔だと思われる可能性のある行動・発言をしても、このチームなら大丈夫だ(罰を受けたり辱められたりしない)、という確信を持っている状態」と定義されており、心理的安全性の高い組織では自分のアイデアや意見を気兼ねなく話すことができ、生産性アップや、従業員のエンゲージメントの向上が期待できるとされています。

私自身、組織の中で何らかの歪みを感じる時、その根っこにある人が関係する物事について「わからない」「知らない」という感覚に関係者が囚われている事がよくあると気付きました。

こういった「わからない」「知らない」が積み重なると、成さんとしている事柄からどんどん距離をとって事柄を眺めるようになり「あのチームは」「あの人は」といった形でわからないものを自分とは違うものとして表現し、一体感がなくなっていく感覚を覚えます。

わからないこと=自分で制御できないことが増えると、自ら主体的に行動を起こす事が減っていく、という事を経験された方は多いのではないでしょうか。
(この話は、「エンジニアリング組織論への招待」という書籍にて「情報の非対称性」という言葉で表現されています)

この組織の「わからない」に対する不快感は、組織が階層構造になっている限り誰しも持ち合わせているものです。その前提で、「わからない」=情報の非対称性を減らすアプローチを組織としてとっていかなければならないのではないかと常々感じています。

今回、心理的安全性を高めるために、まずは各事業を展開していく旗振り役となる責任者たちに、それぞれが管掌する事業の戦略策定に至るまでの思考や議論を明かしてもらい、メンバーたちに戦略について“腹落ち”し、不快感をなるべく除外してもらうことが必要であると考え、この「CxO's Cafe」を企画しました。

「CxO's Cafe」とはどんな企画なのか

私、宇都宮がファシリテーターとなり、CxO・事業部長などのマネジメント層、そしてメンバーの皆さんをゲストに迎え、事業の戦略や方針について深掘っていくトーク企画です。

プロダクト開発本部の全体会でもお話したように、

私はどこの組織部門にも所属していない“るろうのCTO”です。そういったニュートラルな立場にいる私がファシリテーターとなることで、マネジメント陣の皆さんからざっくばらんな話を聞くことができるのではないか、という狙いがあり、またくだけた雰囲気にしたいという想いもあり「Cafe」という単語をつけています。

本当なら「Cafe」の名の通り、皆さんに虎ノ門オフィスの中央ラウンジに集まってもらってコーヒーでもふるまいながらお話をしたいと考えていたのですが・・・、再びの緊急事態宣言発令など、コロナウイルスの収束がまだまだ見えない中であるので、当面の間はフルリモート配信での開催を予定しています。

そしてこの企画にはマネジメント陣だけでなくメンバーの皆さんにも参加していただきたいのですが、その参加者は、毎回公募で決めたいと考えています。「あの役員にあのことについて聞きたい」「あの時に聞いたアレをもっと深く知りたい」と思ったとしても、役員の皆さんと話す機会はあまり多くありませんし、1対1で話すにもどうしても緊張してしまうと思います。

そうした中でも、この企画に参加してもらうことで、堅苦しくない雰囲気で気になることについて聞くことができると思いますので、ぜひお気軽にご応募ください。(※第1弾への応募については私の#announcementの投稿をご覧ください。)

またこの企画はライブ配信(グループ内限定公開)もしますので、ぜひ皆さんにもご覧いただきたいですし、Slackチャンネル # misc-cxos-cafe に応援コメントや疑問・質問、叱咤激励など書いて盛り上げてもらえるとうれしいです。Super Storiesにもダイジェスト記事を掲載しますのでチェックしてください。

企画案も大募集中です!

第1弾は、SupershipホールディングスのCEO 稲葉さんとCSO 八重樫さん、そして各事業の責任者をゲストに、全4回で行う予定です。

・第1回 グループ全体戦略編
Supershipホールディングス CEO 稲葉さん、CSO 八重樫さん
・第2〜4回 各事業区分編
マーケテック、データテック、コマース&リテール、各領域のマネジメントの皆さんにご参加頂く予定です。

第1回は2月19日(金)の13:30〜に、そして第2〜4回は2月下旬から3月中旬にかけて順次実施していきます。

そして、この企画はもちろんこれで終わりではなく、今後も続けていく予定です。

あの役員にこんなことを聞きたかったんだ!」という思いや、あの役員さんは普段どんなことを考えながら仕事をしているのか?こんな組み合わせで話を聞けたら興味深い話が聞けそう、など、ちょっとしたことでOKなので、アイデアがあったらSlackチャンネル # misc-cxos-cafe までお寄せ下さい。

私も初めての企画になるのでどのように転がっていくかまだわからない部分もありますが、皆さんと一緒にマネジメント陣の脳内を丸裸にしていきたいと思っていますので、どうぞ気軽にご参加ください。よろしくお願いいたします!

この記事が参加している募集

オープン社内報

Super Storiesでは、Superなメンバーからの投稿を大歓迎します!ネタの提供やリクエスト、ご意見、ご感想などは #super-storiesのSlackチャンネルまで。

Be Super!にいきましょう
20
「ミライリアルの幸せを、デジタルの力で創る」ことを目指すSupershipグループの社内報です。日々の出来事、メンバーの働く様子や声、未来への想いなど、Supershipグループの”Be Super”なストーリーをみんなでシェアしていきます。